OXOのケトルはコーヒー抽出に便利な機能がたくさん!

OXOは、シンプルで機能的なキッチンツールを販売しているブランドです。

コーヒー器具も販売しており、OXOらしくシンプルで機能的な特徴が存分に製品に表れています。

OXOのグラインダーと併用するとデザインに統一性も出るのでお部屋のインテリアとしても素晴らしいです。

関連記事

キッチンツールのメーカーOXOのコーヒーグラインダー(豆を粉にする道具、ミルとも呼ばれます)がとても優れた機能なので、コーヒーミルを欲しいと悩んでいる方に紹介したいと思います。コーヒーミルに付いてはこちらの記事も参考にしてください。[…]

OXO 電気ケトルの特徴

OXOの電気ケトルはお湯を沸かすだけでなく、コーヒーの抽出に便利な機能があります。

温度調節機能(40℃から〜100℃)
30分の保温機能

LEDディスプレイ
タイマー付き
それぞれの機能に付いて説明していきます。

温度調節機能(40℃から〜100℃)

40℃から100℃まで1℃単位で調整できるのは素晴らしいです。
コーヒーなら90〜95℃
お茶なら60℃とコーヒーだけでなく色々な飲み物、料理にも使えます。

私は、電気ケトルでお湯を沸かして、その後に温度を下げるためにハリオのケトルにお湯を移しています。
このケトルがあればその手間もありません。

緑茶を飲むときも60℃まで冷ますのに時間がかかっていたのですが、このケトルがあれば自分で冷ます必要もなく設定した温度になるまで待つだけでいいのです。

 

30分の保温機能

設定した温度に到達すると、30分の保温機能が作動します。

コーヒー入れようと思ってお湯が沸くのを待っている間に他のことをしていて、そのあとお湯が沸いたことを忘れて、また沸かし直したりする必要はありません。

沸いてから30分は設定した温度なので、いつ設定した温度に到達したか細かく気にしておく必要がありません。

そして、保温機能は30分で切れるので、万が一そのまま放置していても電源が切れるので安心です。

 

LEDディスプレイ

シンプルなLED表示とダイヤル操作で操作も簡単に行えます。

前回設定した温度を記憶しているので、毎回お同じ温度設定に合わせる必要がないのも面倒がなくて便利な機能です。

 

タイマー機能つき

ハンドドリップをするときに便利なタイマーが付いています。

早く注ぎすぎると、味があっさりし、ゆっくり注ぎすぎると濃くなるのでタイマーでを見て自分の好みの淹れ方を探すことができます。