缶コーヒーの成分表示について

缶コーヒーの表示を見ていると、『コーヒー』や『コーヒー飲料』と書いてあるのを見たことがありませんか?

実は、この記載には取り決めがあり、内容量100gあたりに使用しているコーヒ豆の量で表示の種類が変わってきます。

 

缶コーヒー成分表示の種類

コーヒー
コーヒー飲料
コーヒー入り清涼飲料

 

コーヒー

内容量100g中にコーヒー生豆換算で、5g以上のコーヒー豆から抽出又は溶出したコーヒー分を含むものを言います。

分類の中では一番コーヒー濃度が濃いです。

コーヒー飲料

内容量100gにコーヒー生豆換算で、2.5g以上5g未満のコーヒー豆から抽出又は溶出したコーヒー分を含むものを言います。

カフェオレなどミルクが入っているものは、コーヒー飲料と記載があることが多いです。

また、PB製品のブラックコーヒーでコーヒー飲料と書いてあるものもありますが、味は少し物足りないかもしれません。

最近販売された、常温でも香り高いという謳い文句の、ONEDAYはコーヒー飲料です。

 

コーヒー入り清涼飲料

内容量100g中にコーヒー生豆換算で、1g以上2.5g未満のコーヒー豆から抽出又は溶出したコーヒー分を含むものです。

こちらはコーヒー成分が少ないので、コーヒーだと思って飲むと物足りなさを感じます。