コーヒーの抽出方法について。抽出の種類や特徴は?

抽出とは、コーヒーを粉から美味しさを取り出して、いつも飲む液体の状態にすることです。

そんな抽出ですが、抽出には様々なやり方があります。

今回は、抽出の方法ではなく、抽出の分類や、抽出の特徴をご紹介していきます。

 

この記事を読んで頂くと分かるのですが、抽出器具にこだわり出したらきりがありません。笑

せっかく買った抽出器具を使うにしても、コーヒーを粉から買っていたら、香りや味といったコーヒーの魅力は半減します。

コーヒーを最大限に楽しむには豆を粉にするミルを一つは持っておくといいでしょう。

それだけでも、鮮度の良い美味しいコーヒーが味わえます。

粉で買うのは鮮度が落ちますので、絶対に豆から買うことをおすすめします。

Danny’s Blog

コーヒーは断然、粉で買うより豆で買って欲しい、何度でも言いたい。 コーヒーは豆で買って欲しい・・ もしスペシャリティコー…

 

話がそれてしまいましたが、抽出方法について説明します。

 

抽出方法の分類

浸漬式

お湯や水にコーヒーの粉を浸して成分を抽出する方法です。
フレンチプレス・サイフォンがあります。

 

透過式

コーヒーの粉にお湯を通過させて抽出する方法です。
ペーパードリップ・ネルドリップ・エスプレッソマシンがあります。

抽出方法の特徴

フレンチプレス

フレンチプレスは、量や時間を守れば安定した味が再現しやすいです。

コーヒーの油分もしっかりと抽出するため、コーヒーの個性がダイレクトに感じることができます。

ペーパーフィルターなどに吸着することもないので、香りが非常によく感じられます。

一方で、金属フィルターでは濾す事のできない微粉までカップに出てきてしまうため口当たりがざらついてしまうこともあります。(こちらは一手間加えることでざらつきをなくすことはできます。)

フレンチプレスは粉を入れてお湯を注ぐだけの簡単な作業で済むため、コーヒーの個性をしっかり味わいたい方はフレンチプレスがおすすめできます。

私は普段はペーパードリップですが、物足りないなと感じたコーヒーはフレンチプレスで飲むこともあります。

容器も大容量から少量のものもありますが、私は下の画像のボダムのものを使用しています。

隣のカップはイケアで99円で売っています。笑

サイフォン

喫茶店で見たことあるかもしれません。

理科の実験道具みたいでカッコいいです。

使いこなせなくても、とりあえず家に置いときたい見た目です。笑

サイフォンの特徴としては、沸騰させたまま抽出させるため温度が高く香りが良いです。

器具の見た目もかっこいいのですが、抽出や手入れに手間と時間がかかります。

ペーパードリップ

ペーパーフィルターを使用した抽出方法です。

最近はドリッパーも色々な種類が増えてペーパードリップでも味の変化が楽しめます。

特徴は、ペーパーフィルターが油分や雑味となるアクを吸着するのでクリアな味に仕上がります。

手入れも簡単です。

コーヒーはペーパーごと捨てるだけです。ドリッパーも食器と同じように洗えば終わりです。

道具も低コストなので色々なものを買い揃えてインテリアにもできます笑

私は4種類を(下画像左からKONO、ハリオV60、クリスタルドリッパー、カリタ)使用してその日の気分や豆で使い分けて楽しんでいます。

ドリッパーもいろんな種類がありますよね。

円錐型と台形型の違いは

円錐型は穴が大きく、お湯の注ぐ量で味わいが変わります。逆に言えば、味がコントロールできるということです。

台形型は穴が小さいので、どれだけお湯を注いでも出てくる量は一定なので味のコントロール は円錐型ほどはできません。

また、お湯を自分の意図した通り注ぐには、使いやすいケトルを使うのが大切です。

ハリオのケトルはプロの方も使用している人が多いです。私も使用していますが、細かいコントロールができるのと、持ち持ちやすいです。

使用する際は、直接火にかけて沸かす事もできますが、それでは温度が高過ぎて苦味が抽出されやすいです。

沸騰させるのは電気ケトルなどで行い、沸騰させたお湯をケトルに入れるといいです。そうする事で抽出に最適な温度になります。

 

エスプレッソ抽出

微細に挽いた粉を詰めて固めて、高圧力をかけて短時間でコーヒーの旨味を出す方法です。

エスプレッソは濃厚な味が特徴です。カフェラテ、カプチーノが家で飲みたい方はエスプレッソ抽出をおすすめします。

まれに量が少ないとお客さんから言われることもあります。

しかし、エスプレッソはドリップコーヒー1杯分に近いコーヒーの粉を使用して旨味を圧縮しているので、ドリップコーヒーくらいの量にすると、量が多くなり美味しく飲みきれないでしょう。

気になる器具ですが、業務用のマシンは車が変えてしまうくらい高価です。

業務用は無理ですが、家庭用ですと安いもので1万円程度で買えます。

もちろん業務用と比べて質は落ちます。(業務用がスポーツカーだとすると、家庭用は軽自動車だと思ってください。)

それでも1台持っていると、エスプレッソ作るだけでなく、ミルクの泡立てができるので自宅でのカフェタイムが豊かになります。

 

最近の新しい器具ですが、エアロプレスという器具もカッコよくて欲しくなります。

Danny’s Blog

見た目もかっこいいコーヒー器具のエアロプレスの紹介です。しっかりした味を楽しみたい方、変わった抽出器具に興味ある方はご覧…

最後に

色々な抽出方法を書きましたが、個人的におすすめは色々ありますが、普段使うのに便利なのはペーパードリップです。

抽出作業に慣れないと初めはうまく抽出できないかもしれませんが、抽出後はペーパーごと粉を捨てるだけでいいですし、雑味がなくクリアな味が出せるのがいいです。

また、エスプレッソマシンを持っていると、普段は片付けなどが面倒で使わないかもしれませんが、休日にカフェラテを作ったりして優雅なひとときを過ごしてはどうでしょうか。

ぜひ、色々な抽出方法を試してみて、自分にあったものでコーヒーを楽しんでください。