【仮想通貨】SCRT(Secret Network)のとは?特徴や将来性について

最近、cosmos系の銘柄が盛り上がっています。

ATOMやOSMOやJUNOをstakingしていたり、Osmosisに流動性を提供していると、Airdropでさまざまな仮想通貨がもらえるからです。

少しずつ日本語での情報も増えてきました。

日本語でブログを見る場合は、secretnetworkjapanが翻訳してくれているこちらが分かりやすいです。

https://medium.com/@secretnetworkjapan

 

Secret Network(シークレットネットワーク)とは?

トークン送受信やスマートコントラクトを秘匿化して実行することができるプライバシー志向のブロックチェーンです。

通常、ビットコインなどのブロックチェーンは、どのアドレスからどのアドレスに何BTC送金したか分かるようになっています。

誰もが見れるようになっています。

誰もが見れると言うのは透明性や公平さが保たれるという良い面があるのですが、

最近では、DeFiなど仮想通貨の取引履歴は見られたくない!などプライバシー保護も重要視されてきています。

そういったプライバシー保護に重点をおいているのがシークレットネットワークの特徴です。

 

匿名性について

匿名性って今までも匿名性のある仮想通貨あったんじゃないか?と思う方もいるかと思います。

DashやMoneroといった仮想通貨は、送金に関しての匿名性だけであり、スマートコントラクトに対する匿名性はありませんでした。

そもそも、匿名性・プライバシーとかいうけど、送金や取引を隠したいなんてやましいことをしてる人だけじゃないの?

と思う方は、実生活に代えて想像してみてください。

誰が誰にいくら支払ったとか受け取ったのかが丸わかりなのってどうですか?給料がいくら払われているのか、どこのお店にいくら払ったのだとかが誰にでも知られてしまうってのはどうですか?

支払いだけでなく、どんな契約をしてるのかなどまで公開されているのって気持ちの良いものではないですよね。

今後、メタバースやNFTなどのWeb3が普及していくには匿名性の確保は必須でしょう。

 

Secret Networkの現在の価格

現在の価格は以下のようになっています。

今後、どうなるかは分かりませんが、個人的には開発が進んでくると値上がりする可能性は高いと思っています。

ただ、仮想通貨はどんどん新しいプロジェクトが出てきているので淘汰されていく可能性もあります。

 

Secret Networkを購入するには?

主な取引所は、BinanceとMEXCです。

本当であれば、Cosmos系の通貨が交換やステーキングができる、OSMOSISがオススメです。

ですが、OSMOSISの利用には、Keplr walletを導入するなど手間はかかります。Cosmos系のトークンを他にも欲しい方はKeplr walletの導入をお勧めします。

 

値上がりだけを待つのであれば、BInanceやMEXCが購入するのが楽です。

Danny’s Blog

MXECとは2018年の4月に開設された仮想通貨の取引所です。 中国系の取引所です。 日本語に翻訳してブックマークしたら…

Danny’s Blog

2019年は、仮想通貨が大分身近になってきたように感じます。 特に、日本の取引所でも取り扱いの多い、 ビットコイン(BT…