TileはGPSでスマホも落とし物も探せる

私はこれまで、財布、キーケース、名刺入れと大事なものを落としたことがあります。

そして、それらは帰ってくることはありませんでした。

そんな事があり大切なものは分散させて持つようになりました。
さらに、GPSをつけて探せるようにしようと思って【Tile】というものを買って利用しています。

 

Tileでできることは?

・アプリからTileを鳴らす。
・Tileからスマホを鳴らす。
・最後に検知した場所を記録(マップで表示される)
・Tileコミュニティーに参加し失くしものを捜索し合える。

こちらの動画をみてもらうと、出来る事が理解しやすいと思います。

Tileの文字が書いてある真ん中のボタンを押すと登録したスマホを鳴らすことができます。

反対にスマホのアプリからTileを鳴らすこともできます。

Tileを入れたキーケースを探すときや、スマホを探すとき、どちらも出来るのが非常に便利です。

 

Tileをおすすめする理由

実際はTileを使う機会がないのが一番なのですが、財布、キーケース、定期入れ、カバン、など様々なものを普段から持ち歩いている方には、非常に心強いアイテムだと思います。

反対にTileからスマホを探せるというのも、嬉しい機能です。

帰ってきてスマホをどこに置いたか家中を探し回ったことありませんか?Tileがあれば、ボタン押すだけですぐに探せます。

さらに、電池交換も出来るようになったので買い換えすることなく使えるので、3,000円程度の価格で安心感が得られるのは非常にお得だと思います。

Tileの種類は?

薄くて財布やキーケースに入れれる「Tile slim」

電池交換が出来るようになった「Tile mate」

Tile mateよりも通信距離が倍の90メートルある「Tile pro」

TILE Tile Pro Black (電池交換版) RT-15001-AP (RT15001AP)

が主なラインナップです。

私は、Tile slimをキーケースに入れて使用しています。

かなり薄いので特に気になることもないです。財布に入れても使用できます。

 

Tileの設定方法

①アプリダウンロード
②アプリから登録
③BluetoothとLocationにチェックを入れる。「Got it」をタップして次に進みます。
④アプリにTileを追加する。
⑤Tileとスマホを認証させる。
⑥Tileを好きなところにつける

このような感じです。

実際にアプリをダウンロードすれば、逐一説明が書かれているので迷うことなく設定ができます。

アマゾンで買うと日本語の説明書も入っているので安心です。

 

Tileのすごい機能

「Amazon Alexa」に対応

Tile が Amazon Alexa に対応。「タイルで鍵を鳴らして」などとスマートスピーカーに呼びかけるだけで、 すぐに探し物が見つけられるようになりました。スマートスピーカーと連携させて使うには、Tile と Amazon Alexa と連携させる必要があります。

「Google アシスタント」に対応

Tile が Google Assistant に対応。「タイルで鍵を鳴らして」などとスマートスピーカーに呼びかけるだけで、すぐに探し物が見つけられるようになりました。 スマートスピーカーと連携させて使うには、Tile と Google アシスタントと連携させる必要があります。

「Apple Siri 」に対応

Tile が AppleのSiri に対応いたしました。例えば、「Hey Siri カギ」 というだけでTileを鳴らす事ができます。

 

 

非常に便利な機能があり電池交換も可能になったので、一人一つは持っていたいアイテムだと思います。