【スペシャリティコーヒー】エチオピア ウラガ

エチオピアのナチュラルのあの香味にハマってしまうと、定期的にあの香りが欲しくなってきます。

ですが今回は、ナチュラルではなくて、ウォッシュドのエチオピアです。

ウォッシュドはナチュラルに比べると香味が目立たないですが、クリーンな飲み口が

エチオピアってどんなコーヒー?って方は、こちらもご参考にしてみてください。

Danny’s Blog

スペシャリティコーヒーが身近になり、質の良いコーヒーが手軽に飲めるようになってきました。スペシャリティーコーヒーを飲むな…

 

ウォッシュド・ナチュラルって何?って方はこちらを参考にしてください。

Danny’s Blog

コーヒーチェリーからコーヒー豆を取り出す作業のことを精製といいます。 精製がどのように行われる書いてあります。   目次…

 

エチオピア ウラガ基本情報

内容量 :200g
価格  :1,500円
1杯単価:75円(1杯当たり10g使用)
焙煎度合:フレンチロースト

スペシャリティコーヒーはやはり、スーパーなどの豆に比べて1杯あたりの値段が段違いです。3〜6倍くらい違います。

せっかく買ったスペシャリティコーヒーでも正しい保管をしないと、すぐに劣化して風味が台無しになってしまいます。

保管方法については、こちらの記事をご参考にしてください。

Danny’s Blog

コーヒーは断然、粉で買うより豆で買って欲しい、何度でも言いたい。 コーヒーは豆で買って欲しい・・ もしスペシャリティコー…

飲んでみた感想

まず、豆の状態からも感じられるエチオピア独特の香りがたまりません。

更に、粉にして香りを確かめると果実のフルーティな香りが感じられます。

しっかりしたロースト具合で苦味やローストした香ばしい香りがありますが、

それに負けない柑橘系の爽やかな酸味も感じられます。

酸味があることで後味もすっきりしており非常に飲みやすい味になっています。

フレンチローストなのでアイスにしても苦味がガツンと感じます。

その後の飲み口はすっきりしているので、ゴクゴク飲めるアイスコーヒーに仕上がります。

豆を挽くなら

このコーヒーは豆の状態で売られているので粉にするためのミルが必要です。

ミルは挽目が選べる物がオススメです。(手動は安いですが、時間がかかるので日常使いなら電動がオススメ!)

ミルについて気になる方はこちらもご参考にしてみてください。

Danny’s Blog

コーヒー豆を挽く時に手動・電動関係なくミルを使用します。 そんなミルにも様々な種類があります。   手動か電動で迷ってい…

]
Danny’s Blog

コーヒーを豆から粉にする時に使う道具。 それがコーヒーミルです。 コーヒーを豆から買うのは面倒と思っている方は、一度こち…

 

抽出するなら

せっかくのスペシャリティコーヒーですので抽出も色々と試して味の違いを楽しみたいですよね。

抽出については別の記事にもまとめています。

Danny’s Blog

コーヒーの抽出の方法について。抽出方法ごとの特徴やおすすめの道具を書いています。…

 

フレンチプレスにするとナチュラルの香味がダイレクトに味わえます。

香りもペーパーフィルターよりも豊かで果実感がしっかりと感じられます。


エスプレッソにすると爽やかな果実感と程よい苦味が凝縮し、複雑な味わいが感じられます。

家庭用のエスプレッソマシンは、安いものでも1万円代から購入できます。

オススメは3万円代の物が機能的にもデザインも良いです。


 

最後に

エチオピアのコーヒーは非常に個性的です。

苦味が好きで酸味が苦手な方には、飲みにくいコーヒーに感じるかも知れません。

ですが、飲み慣れてくると、このエチオピアでしか味わえない香味にハマってしまうこと間違いなしです。

ハマってしまうとナチュラルとウォッシュドの違いも確かめてしまいたくなりますよ。

楽しいコーヒーライフを過ごしてください。