退職決める前に、ちょっと待って!転職活動は退職前にした方がいいですよ。

転職活動をいつしようか悩んでませんか?

転職したいと思って色々なサイト見られたと思いますが、ほとんどが在職中に転職活動をした方がいいと書いてあります。

私も同じ意見です。

しかし、私は退職後に転職活動を始めました。なぜかというと、労働時間が長く、休みが少なかったからです。

でも、ほんの少し後悔しています・・・・もっと時間かけてたら、良い条件の会社が見つかったのかもな、と。

ですので、退職後に転職した私だから言いますが、在職中に転職活動した方が良かったと思います。

ただ、私は退職後とはいえ、有給休暇が丸々残っていたので、その間の1ヶ月間で仕事を探しました。

有給休暇もない状況だとお金の面で焦りも出てきます。

また、転職活動自体が初めてで見切り発車の中で転職サイトを見たり、転職エージェントなど利用しましたが、それでも何社か落ちた時は、会社辞めなければ良かったと何度も後悔しました。

もし、その時にもう有給休暇なくなるから早く決めなきゃと、焦って安易な決断を下していたら…と考えると今でもゾッとします。

何度も言いますが、在職中に転職活動した方がいいです。

 

転職活動を始める以前に、転職しようか悩んでいる方はこちらを読んでみてください

 

退職前に転職活動をした方が良い理由

・給料がないという焦りがなく無理な決断をしなくてすむ(1番重要!)
・やっぱり辞めなければ良かったという状況を回避できる

・給料がないという焦りがなく無理な決断をしなくてすむ

やはりお金の面は大事です。

お金がないと心の余裕が無くなります。退職してから転職活動を始めると収入がない状態でいつ決まるか分からない転職先を探さないといけません。

景気や業種にもよりますが、自分の想定以上に時間がかかってしまうと、とりあえず仕事をしなきゃという焦りから判断力が鈍くなり誤った判断をするかもしれません。

それだけは避けなけれななりません。

 

・やっぱり辞めなければ良かったという状況を回避できる

今の現状が辛くて辞めたいと思っているパターンもあります。(そんな状況が定期的に続くなら辞めた方がいいと思いますが・・・)

そういったパターンの場合は、辞めなきゃ良かったと後悔するかもしれません。ですので、(新卒の方は特にですが)在職中に転職活動をして、外の世界をみて自分を客観的にみてみるのもいいでしょう。

企業にいき面接をすると自分の考えを言うことになります。

そのためには自分の考えをまとめるために自己分析をします。

自己分析をすると転職したい会社や、もしかすると今の会社がいいなと改めて思うかもしれません。

社会人を経験してからの自己分析は、学生時代の就職活動のためにした自己分析以上の結果が得られるでしょう。

これは、結果として転職しなかったとしても自分を更に成長させるきっかけを与えてくれます。

今の仕事が忙しいからそんな余裕はない!

と言いたくなると思います。

でも、よく考えて下さい。辞めるつもりがあるのであれば、思い切って転職活動や自己分析のために休みをとってもよくないですか?

上司に「仕事が辛くて辞めようと考えてます。何日かお休みをください。」

と言ってみましょう。引き留められる方が多いですが、その時には思っていることがあれば伝えると良いでしょう。

もし、ダメだと言われるようであれば、直属の上司だけがダメと言う可能性もあるので、さらに上の上司に言ってみて下さい。それでも休めないなら、もうその会社は辞めた方がいいです。

 

最後に

転職に悩んでるあなた、まずは辞める前に転職活動をしてみることで、自分を見つめ直してみてはどうでしょうか。

普段の忙しい日常で忘れていた初心だったり、目標が思い出せたり、新しい考えがでてくるかもしれませんよ。