【DeFi】Matic network(Polygon)で利用できるfarmingサービス

BSCで利用できるPancakeswapのようなサービスが、Polygon(Matic network)でも出てきました。

そのほとんどが、Pancakeswapのレイアウトにそっくりなので、使い慣れている方はすぐに利用できると思います。

というのも、おそらくメインのプログラムは、Pancakeswapをそのままコピーしているから似たような作りになっているのだと思います。

中には、Stakeして増やしたのにオリジナルトークンが値下がりして価値が下がったり、無価値になったり、サービス自体が急に無くなったりする可能性も十分にあります。

TITANで盛り上がったironfinanceのように大きく稼げる一方で急に値下がったり、

プレセールでトークンを買い、サービス開始になるとサイトが閉鎖されたりなんてのは日常的にあるので

利用する場合は、リスクがあることを理解して利用してください。

RugDocというサイトでリスクについて書かれているので参考にするのもありかと思います。

ただ、Low Riskでも資金がゼロになる可能性があるので、なくなってもダメージが大きくない金額を使ってください。

https://rugdoc.io/

 

1.PolyCake

見た目やコンセプトなんかは一番Pancakeswapに似ていると思います。

仮想通貨のStakingや、流動性ペアのFarmingに対応しています。

そのほかにも、宝くじのようにCAKEトークンでチケットを購入し、当たればCAKEトークンが貰えるようになっています。

2.PolyFox 預けていた資金がなくなりました。

こちらも見た目はPancakeswapにそっくりです。

Coinの表裏を当ててトークンを増やすというゲーム?機能?もあります。

トークンの価値が低いのでこのまま上がらない可能性があります。

反対に、大量に買って増やすことで値上がった時に利益が大きく出る可能性もあります。

3.PolyGaj

PolyGajという象のアイコンが印象的なサービスです。

NFT marketplaceや、新しいトークンの販売するLaunch pad(IDO)という機能も追加予定です。(予定のままになる可能性も・・・)

4.POLYCATFI

こちらは、猫をモチーフにしたサービスです。

FISHトークンは、現在14ドルと比較的高値のような感じがします。

TVL(Total Value Lock)も4500万ドルを超えているので、利用者も多い印象です。

 

5.POLYWHALE

鯨をモチーフにしたサービスです。

TVLは、今まで紹介した中でダントツ多いです。1億2,500万ドルを超えています。

6.POLYLION

ライオンをモチーフとしています。
サービスはまだ開始していません。5月15日に開始する予定です。
先行者利益が期待できそうですが、同じく無価値になる可能性も忘れずに考慮してください。

7.50cent Network

0.5USDCにペグするステーブルコインです。

1ドルにペグするのが多い中、0.5ドルとは珍しいです。

Maticを購入するのなら

上記で紹介したサービスは、Matic networkの設定と、Maticが必要です。

購入する場合は、バイナンスやMXC、Bitrueなどの取引所を利用してください。

Danny’s Blog

MXCとは2018年の4月に開設された仮想通貨の取引所です。 中国系の取引所です。 日本語に翻訳してブックマークしたら、…

Danny’s Blog

2019年は、仮想通貨が大分身近になってきたように感じます。 特に、日本の取引所でも取り扱いの多い、 ビットコイン(BT…