BitMaxからリブランディングした仮想通貨取引所「AscendEX」

BitMaxという仮想通貨取引所が「AscendEX」名称・デザインを変更しリブランディングしました。

 

取引所はAscendEXと名前が変更になりましたが、取引所独自のトークンであるBTMXは前のまま利用されます。

BTMXは保有していると様々なメリットがありますので、ご紹介したいと思います。

BTMXトークンとは?

BTMXは、BitMax時代から続く、取引所独自のトークンです。

BTMXトークン所有者は、多くのサービスと特典を利用できます。

BTMX保有者の権利とエコシステム

プラットフォーム通貨

BTMXは、AscendEXで提供されるすべてのサービスおよび操作の交換の単位として使用されます。

たとえば、AscendEXは、プラットフォームのプロモーション活動へのユーザーの参加に対してBTMXで料金を請求します。

BTMXは、ポイントカードなどのさまざまな特典カードや、ボラティリティカードなどのプラットフォーム上の他の製品を購入することで利用できます。

AscendEXは、さまざまな顧客やユーザーグループのさまざまなニーズに応じて、通常の取引と証拠金取引にまたがる複数のモードオプションを提供します。

このメカニズムは、マーケットメーカーとテイカーなどの多様な市場活動と取引行動の要件を満たすために、さまざまなレベルのインセンティブを提供するように設計されています。

階層型VIP取引手数料体系

2019年10月以降、BitMax.ioエコシステム内のトレーダーとBTMX保有者の両方に新しい段階的なVIP取引手数料体系が導入されました。

10段階のVIP手数料スケジュールは、(i)過去30日間の取引量(両方の資産クラス全体)および(ii)過去30日間の平均ロック解除BTMX保有に基づいて設定されます。

階層型VIP取引手数料スケジュールの最新の詳細はすべて、こちらを参考にしてください。

トークンの消費

・BTMXトークン保有者は、取引手数料、証拠金ローンの利息、エアドロップ、トークンリリースなどに関連するメンバーシップのアップグレードなどの追加の特典のために、一定量のBTMXを消費できます。

・BTMXの総供給量は、BTMXの消​​費量が増えるにつれて減少し続けます。

 

AscendEXにしか取扱のない仮想通貨などもあり、他の取引所に上場して値上がりする前に先行利益を獲得できる可能性もあります。
(反対に、無価値になる可能性もありますのでご注意ください。)

 

 

 

 

他の取引所ですと、BitrueやMXCもオススメです。

BitrueはXRP建で取引ができるペアが多いです。

Danny’s Blog

2019年は、仮想通貨が大分身近になってきたように感じます。 特に、日本の取引所でも取り扱いの多い、 ビットコイン(BT…

MXCは様々な仮想通貨の取り扱いがあり、値上がる前の珍しいものが見つかるかも?
Danny’s Blog

MXCとは2018年の4月に開設された仮想通貨の取引所です。 中国系の取引所です。 日本語に翻訳してブックマークしたら、…

そして、仮想通貨の取引所といえば、Binanceは外せません。
まだの人は口座だけでも開設しておくと良いです。